iPhoneを毎年買い換えるメリット

価値観・ライフハック
Sponsored Links

今回は,「iPhoneを毎年買い換えるメリット」を紹介していきます.

結論から言いますと,毎年買い換えることをオススメします!

そのメリットはこちら!

  • リセールバリューが高い
  • 日々の生産性の向上

「毎年買い替える?お金かかるでしょ?」と言われそうですが,下取りの方法次第で最新機種をお得に買えます.上手な下取りによって金銭面での負担は大きくないと考えています.

それでは,毎年買い換えるメリットについて解説していきます.

リセールバリューが高い

リセールバリューとは売値価値のことです.

iPhoneは購入金額が他のメーカーのスマホと比べて高額ですが,常に高い需要があることから売値も高額です.

高額で売る方法は,メルカリやラクマと言ったフリマサイトを活用することです.

一つ前のモデルのiPhoneの場合,買値の約7割で売ることが可能です.

例えば,昨年発売されたiPhoneXsと一昨年発売されたiPhoneXのメルカリの相場価格は,

  • iPhoneXs:7~9万円
  • iPhoneX:5~6万円

となっています(この価格帯は美品のみ).

画面や背面の割れは売れにくい傾向にありますが,細かなかすり傷程度であれば問題なく売れると思います.

また,最近格安simのシェア率が伸びてきている(引用:MMD研究所)ことから,simフリーやsimロック解除済みのiPhone売れやすい傾向にあります.

現在,simフリーのiPhoneは,直営店かオンラインストアのみで購入できます.

11月22日から,Apple Premium ResellerのC smart、B-PARK+、misumi STORE、NEWCOMの全店舗、およびヨドバシカメラ、ビックカメラの一部店舗で販売を開始することが決まっています.

フリマサイト以外でも下取りをしてもらえるところは多く存在しますが,下取り価格が低いためオススメはできません.

日々の生産性の向上

スマホは毎日使う必需品です.

最新の機種に買い換えることで,日々の生産性が向上します.

私が考える利点を以下の2つ挙げてみました!

  • バッテリーの持ちがよくなる
  • 最新技術の恩恵を受けることができる

バッテリーの持ちがよくなる

本当に長持ちします!

私はおはようからおやすみまでスマホを使用している生活を送っています.

一日中使用しているのも関わらず,最新のiPhone11proにしたところ充電は2日に1回の頻度になりました.

単純にバッテリーが新品になり性能が向上しただけでなく,毎年アップデートされるCPUによって,バッテリー効率も向上しています.

バッテリーだけ交換して古い機種を使い続けるという選択肢もありますが,最新のOS・アプリに最適化されたCPUの恩恵を受けることはできません.

また,バッテリーが長持ちするようになって,2つの恩恵を受けました.

  • 充電回数の減少
  • モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなったこと

私はかなり面倒くさがりな性格なので,毎日充電することは苦痛でした.

また,モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなったため,出かけるとき身軽になりました.

最新技術の恩恵を受けることができる

単純に便利です!

現在のiOSは,iPhone6sまでサポートされています.セキュリティの面から見ても古い機種でも十分に使えますが,最新機種と比べると劣ります.

最新機種では,CPUの性能やカメラ機能が向上したおかげで,iPhone1台で動画の撮影から編集まですることが可能になりました.

FaceIDは画面を見るだけでロック解除ができますし,夜景もキレイに撮影することができるナイトモードも実装されました.

この数年でiPhoneの性能は劇的に向上し,私達の日々の生活の質を高めてくれています.

まとめ

今回は,iPhoneを毎年買い換えるメリットについて解説しました.

  • リセールバリューが高い
  • 日々の生産性の向上

価値観は人それぞれですので,私の価値観がすべて正しいわけではありません.

私は,日々の生活や生産性を向上させてくれるものに対して投資をすると決めております.

ご参考にしていただけると幸いです.

ほな,また!!

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました